読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界変えるのは俺たちなのさ!

輝いているキミが好き____

優しい先輩________

最近、私はファミレスのバイトを始めた。

そのバイト先に今江先輩という先輩がいる。

 

 

「おはようございますー!」

そう言って事務所に入る。

「おはよう!あ、ねねちゃんやん!」

「あ、今江先輩おはようございます!」

「今日俺が横付いて教えるし、分からんことあったら何でも聞いてな!」

「ありがとうございます!」

 

 

 

やった、気になってる今江先輩と一緒にバイトできる!!

 

この時はそう思っていた。

 

 

「じゃあ、とりあえずオーダー取るところから始めよか」

「はい!」

「2名様でよろしかったでしょうか?5番テーブルでお願いします!」

「こんな感じかな!」

 

今江先輩特有の優しい声と笑顔でその後も次々と接客をしている。

 

 

「じゃあ、次ねねちゃんやってみてくれる?」

 

そう言われ私も今江先輩と同じようにやってみる。

 

「おお!できるやん^^ねねちゃん期待の新人やな!」

「いやそんなことないですよ!( 笑 )」

 

そんな会話をしていた。

 

 

「じゃあ次出来上がった料理運ぼか!」

「はい!」

その後も次々と仕事をしている今江先輩を見てかっこいいなぁ…と思っていた。

 

 

 

そんなぼーっとしていた私が悪かったのか。

 

 

お客さんとぶつかってお皿を割ってしまったのだ。

 

 

「どこ見て歩いとんねん!ちゃんと運べや!」

「すみません!本当に申し訳ないです。」

そこに今江先輩が飛んでやって来た。

「申し訳ないです。お怪我ないですか?失礼しました。最近入った新人なので」

「気をつけろよな、ちゃんと指導しとけよ」

 

そのお客さんはそう言って帰って行った。

 

 

 

その日バイトが終わってから事務所で、

「ねねちゃん、あれはあかんと思うで、ほんまに怪我してはったらお店にも迷惑掛かると思うし」

まさかあの優しい今江先輩から怒られると思っていなくて、涙が止まらない。

 

「ほんまに、、すみません、、以後気をつけます、、」

「そんな、泣かんといて!ごめん、俺の言い方がきつかったかな?」

「いや、、ミスした私が悪いんです、、謝らないでください、、」

「そうか、、あんまり落ち込まんといてな?

次から気をつけよ!もうやっちゃったことは仕方ないし、な??」

そう言われ、すこし元気になった。

 

「ほら!笑って!可愛いねねちゃんの顔が台無しやで〜」

 

そう言われ、頭をくしゃくしゃされる。

 

 

 

 

 

優しい今江先輩も怒るんだ、、

そんなギャップにキュンとしたバイトだった。