読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界変えるのは俺たちなのさ!

輝いているキミが好き____

後輩なのに______

私は男子陸上部のマネージャーをしている。

「とりあえず休憩!みんな水分取ってー!」

「「はーい」」

「あ、石澤くん最近ベスト出たみたいやね」

「そうなんですよ!次の府大会絶対勝ちます!」「頑張れ!なんかあったらあたしに言うてな??」

「先輩!ありがとうございます( ˆoˆ )」

 

そう言って去っていった石澤くんの背中を見つめる。

私は石澤くんが好きだ____

 

そう悩んでいた時のこと。

 

「お、なごみ、お前今日空いてる?」

「え、ジョーやん、、部活終わりで良かったら空いてるけど?」

「そうか、話したいことあるし久々に一緒に帰ろうや」

「うん、いいよ〜」

久しぶりにジョーに話しかけられた。ジョーは私の幼馴染。最近はピアスも開けて制服も着崩してヤンキー(?)の道を歩み始めていた。

 

「はい!今日の練習は終わりです!」

そんなコーチの声がグラウンドに飛び交う。

「「ありがとうございましたーー」」

 

石澤くんもそう言って更衣室に戻って行こうとしていた。「あ!石澤くん…!明後日の府大会頑張ってね」そう言って私はお手製のお守りを渡した。

「わー!先輩ありがとうございます!これで頑張れそうです!」そう笑顔で返してくれた。

 

そんなやり取りを影からアイツが見ているとも知らずに_____

 

 

「ごめん、ジョー、お待たせ。」

「………」

「なに?言いたいことって?」

「………」長い沈黙の後やっとジョーが口を開く。

 

「…お前さ…石澤のこと好きなん?」

「え、うん、まぁ…」

そう言って言葉を濁す。

「だから嫌って言ったやん、お前がマネージャーなるん」

「そんなん私の勝手やんか!!!」

「お前のこと誰にも渡したくないねん!俺にはお前が必要やねん!!!」

すごい剣幕でそう言われる。

「え…?」

「でもお前はもう俺のこと見てくれへんねんもんな」

そう冷たく言い放ち、私のことを殴ろうとしてくるジョー

 

「やめてください___!!!」そんな大きな声が路地裏に響く。

そこにはジョーに一発殴られている石澤くんの姿。

ジョー…。お願いやからやめて…!!」

そう言ってジョーを止めようとする。

 

「なごみ先輩大丈夫ですから!後は俺に任せてください!」

そう言われ一歩下がる。

 

石澤くんは軽い身のこなしでジョーの拳を避けていく。その間私は学校に電話をかけた。

 

「すみません!誰か!助けてください…!」

 

少しして教頭先生も体育の先生が駆けつけた。

 

ジョーは連れて行かれ、2週間の謹慎処分となった。

 

「石澤くん、ごめん!ほんまに!大丈夫??」

「大丈夫ですって、そんなことより先輩守れてよかった…」

「ほんまにごめん…私のためにありがとう…」

 

 

石澤くんは2日後の県大会に出場し、私と約束した通り優勝を果たしたのだった_____。